ここから本文です

観光情報を自動翻訳 愛知の研究者がシステム構築

7/10(月) 11:03配信

宮崎日日新聞

 宮崎の名所、名物も正しく理解して翻訳します-。豊橋技術科学大(愛知県豊橋市)の研究者が来年5月に宮崎市で開く国際会議に向け、本県の観光情報などに対応した自動翻訳システムの構築に乗り出している。コンピューターを利用する機械翻訳の分野では「青島」「日向灘」といった地名などの固有名詞を正しく認識することが課題となっている。メンバーは本県を一つの題材に技術革新を進めたい考えだ。

宮崎日日新聞

最終更新:7/10(月) 11:03
宮崎日日新聞