ここから本文です

8月3日内閣改造へ最終調整

7/10(月) 17:04配信

ホウドウキョク

8月3日に内閣改造を行う方向で最終調整に入った。
安倍首相は、加計学園問題や、閣僚の発言などへの批判が高まり、内閣支持率が大幅に落ち込む中、8月3日に、内閣改造と党役員人事を行う方向で最終調整に入った。
内閣改造では、麻生副総理兼財務相と菅官房長官を「内閣の骨格」と位置づけ、留任させる考え。
一方、稲田防衛相については、都議選中の問題発言が最終的な引き金となり、交代させる方向で、金田法相も交代の見通し。
党役員人事では、二階幹事長の続投が検討されている。
今回の内閣改造は、「人心の一新」と都議選惨敗の不満を抑え込む、難しい課題を抱えた人事となる。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/10(月) 17:04
ホウドウキョク