ここから本文です

前川前次官、官邸の関与あったと認識

7/10(月) 19:18配信

ホウドウキョク

「加計学園問題」で、官邸の関与があったとの認識をあらためて示した。
民進・大串政調会長は「背景に官邸という存在があったということ、どういったことからお感じになったのか?」とただした。
前川前文科次官は、「この問題は最終的に加計学園だけが事業者になったプロセスに問題」、「和泉総理補佐官から呼び出しを受けて、9月上旬に和泉補佐官から特区の獣医学部新設についての、文科省の対応進めるよう要請があり、総理が自分の口から言えないから、自分から言うんだと」などと答えた。
衆議院で10日、学校法人「加計学園」の獣医学部の新設をめぐって、閉会中審査が行われ、参考人として招致された前川前文科次官は、官邸の関与があったとの認識をあらためて示した。
前川氏は、和泉首相補佐官や加計学園の幹部で、当時の木曽 功内閣官房参与からも、獣医学部の新設をめぐり、要求を再三に渡り受けたことを強調した。
また、前川氏は、国会での証人喚問が決まれば出席する考えをあらためて示した。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/10(月) 19:18
ホウドウキョク