ここから本文です

「慰安婦博物館」建設を表明

7/10(月) 21:46配信

ホウドウキョク

7月7日に就任した韓国の女性家族相が10日、元慰安婦らを訪問し、「慰安婦博物館」の建設を表明した。
韓国メディアによると、鄭鉉栢(チョン・ヒョンベク)女性家族相は、10日、元慰安婦たちが生活する施設を訪れ、ソウル市内に「慰安婦博物館」を建設する方針を明らかにした。
「人権侵害を記憶するための役割を果たせるようにする」としている。
また、慰安婦問題の関連資料を、ユネスコの「世界の記憶」に登録するための予算について、鄭女性家族相は「準備できる」と述べ、政府として、登録に向けた作業を支援する考えを示した。
2015年の日韓合意では、「国際社会において、慰安婦問題を互いに非難・批判することを控える」としていたが、鄭女性家族相は「国際的な問題」だとして、合意の再交渉にも言及していることから、日韓の新たな火種になる可能性もある。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/10(月) 21:46
ホウドウキョク