ここから本文です

杉咲花、『とと姉ちゃん』相楽樹から奇妙な“笑い癖”暴露「笑うツボが違う」

7/10(月) 10:16配信

クランクイン!

 映画『メアリと魔女の花』(公開中)に出演する女優の杉咲花が9日、日本テレビ系のバラエティ番組『おしゃれイズム』に出演。連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で共演した相楽樹からのメッセージにより、杉咲の特徴のある笑いぐせが明かされた。

【関連】「杉咲花」フォトギャラリー


 相楽からのメッセージでは、「笑うツボが普通の人と違うときがあって、何で笑うの?と思うことがあるけど、リスみたいに『イヒヒ』って笑うことがあって可愛い」とコメントが寄せられる。

 また高校時代に英語のスピーチを行った際は、前触れもなくいきなり笑いが止まらなくなってしまったことがあったと振り返り「みんながすごく(私のことを)見て、笑いが止まらないことがあって『一度ちょっと座ろうか』と言われたことがありました」と、学生時代の笑いエピソードも披露。

 さらに、相楽から「公園で遊んだ帰り道に、隣を歩いていた花をいきなりわっと驚かせたら、ものすごく低いドスの利いた叫び声がしたのでおなかを抱えて笑いあった」という出来事も明かされると、杉咲も「叫ぶとひどいので、叫ばないようにしている」と自他共に認めることのようだ。

 かつては食品会社のCMで回鍋肉を頬張る姿で話題になった杉咲は、映画『無限の住人』で共演した木村拓哉に京都の高級寿司店に連れて行ってもらい、好物の芽ネギを12貫ほど食べた上に、他の寿司を合わせて全部で25貫ほどの寿司をたいらげたと、その大食漢振りを告白。

 その一方で、自身の好物としてかき氷を挙げ、この日は杉咲が通い詰めているというかき氷の名店を、MCの森泉と巡るロケを敢行。「一時期毎日のように来ていました。ここに来るときには、走っちゃうんですよ」と語るほどにお気に入りの逸品に舌鼓を打つ。2軒をハシゴした後に「もしよかったら、近くにもう一件あるんですけど…」とさらにハシゴを続けようとし、無類のかき氷好きであることが明らかとなった。

最終更新:7/10(月) 10:16
クランクイン!