ここから本文です

『7月9日はなんの日?』カート・コバーンの妻、コートニー・ラブの誕生日

7/10(月) 11:50配信

Billboard Japan

 7月9日は90年代に活躍したオルタナティヴ・ロック・バンド、ホールのボーカリスト/ギタリストであり、ニルヴァーナのカート・コバーンの妻として知られるコートニー・ラブの53歳の誕生日。

 コートニー・ラブは1964年7月9日、アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。“カート・コバーンの妻”としてのイメージが強すぎるコートニーだが、1990年代にニルヴァーナやパール・ジャム、スマッシング・パンプキンズらとともにグランジ・ムーヴメントの中心的バンドだったホールのギター&ボーカルとして人気を博した。

 1989年にホールを結成し、1992年にカート・コバーンと結婚&娘のフランシスが誕生するが、ニルヴァーナの成功と同時に夫婦の私生活がマスコミのターゲットとなり、スキャンダラスなイメージが定着するようになっていったコートニー。そして、1994年に最愛の夫カート・コバーンが自殺。皮肉にもその翌週にリリースされた『リブ・スルー・ディス』(1994年)がホールにとって最大の売り上げを誇るヒットアルバムとなっている。ホールは2002年に解散を迎えているが、コートニーの圧倒的な存在感と個性、迫力あふれるパフォーマンスは、のちの米オルタナティヴ・ロック界、とくに女性ロック・アーティストに絶大な影響を与えた。

 ホール解散後は女優業にも本格進出を果たし、アートやファッションなど幅広い活動を続けているが、現在もなおその言動がゴシップ・ネタとなることが多く、よくも悪くも“元祖ゴシップ・クイーン”の称号を20年以上にわたって守り続けている。

最終更新:7/10(月) 11:50
Billboard Japan