ここから本文です

阪神にロジャース加入、藪氏が語る新外国人が活躍するために大切なこと

7/10(月) 10:00配信

ベースボールキング

 MBSラジオ制作で、ニッポン放送でも放送された9日の『阪神-巨人戦』で解説を務めた藪恵壹氏が、シーズン途中に阪神の新外国人・ロジャースが日本で活躍するために大切なことを語った。

 藪氏は、阪神に6シーズン在籍し、最多安打や首位打者のタイトルを獲得したマートンを外国人選手の成功例に挙げ、「彼ぐらい相手のピッチャーのことをノートにつけて分析したり、ビデオでしっかりチェックできるかでしょうね」と語り、日本の野球を学ぶ姿勢が重要になるとの見解を示した。

 さらに、「それをやっていくうちに、打席に立ってみて、対戦して感じることがいっぱいある。それを結果に繋げていくことが、これから必要になってくる」と述べ、その後の対応力も重要になると続けた。

 チーム打率がリーグワースト5位と、貧打に喘ぐ阪神打線。首位を直走る広島の独走に待ったをかけるためにも、新外国人のロジャースの活躍に期待がかかる。

(提供:MBSベースボールパーク)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報