ここから本文です

ライコネン「後半ペースが改善したが、そのころにはもうチャンスはなかった」フェラーリ F1日曜

7/10(月) 8:16配信

オートスポーツweb

 2017年F1オーストリアGP決勝で、フェラーリのキミ・ライコネンは5位だった。

【関連写真】ベッテルは2位表彰台を獲得

■スクーデリア・フェラーリ
キミ・ライコネン 決勝=5位
 レース序盤はマシンバランスに少し苦労した。最初に履いていたタイヤセットにはてこずったけど、その後、どんどんよくなっていった。2セット目は悪くなかった。

 最終スティントの序盤はマシンの感触がすごくよくて、速さもあった。でもそのころにはトップとの差が大きくなりすぎていて、追いつくことはできなかった。タイヤを使い込んでいくにつれて、当然ペースは遅くなってきたけど、いいラップタイムを刻むことができたし、バランスは改善していったんだけどね。でも全体的に楽な週末ではなかったよ。

[オートスポーツweb ]