ここから本文です

体と声をトレーニング 串本でスポーツボイス

7/10(月) 17:00配信

紀伊民報

 和歌山県串本町潮岬の医療法人芳純会「潮岬病院」は9日、同町串本の旧サンマリンで音楽と健康をテーマにしたイベント「スポーツボイスフェスティバル」を開いた。体と声のトレーニングであるスポーツボイスの開発者、東哲一郎さんによる指導やライブなどがあり、100人以上が楽しんだ。

 スポーツボイスは、東さんが歌手や俳優のためのボイストレーニングを大勢に楽しんでもらおうと、フィットネススタジオ用に考案した。

 東さんは神戸市出身。1993年にファンクバンド「GOLD WAX」のボーカルとしてデビューした。祖父の煕市さんが新宮市出身の作家、佐藤春夫と同級生で、春夫を台湾に誘ったことで多くの作品が生まれたことを知り、春夫の詩「秋刀魚の歌」などにメロディーを付け歌にしている。

 東さんは、スポーツボイスを開発したきっかけやトレーニングする時の注意点などを話した後、リズムに合わせて声を出しながら体を動かすように指導。日本語は顔の筋肉をあまり動かさない言葉だと言い、ハミングしながら舌を出したり顎を動かしたりした。横隔膜を鍛えるためにおなかの筋肉を使う腹式呼吸についても説明。裏声を出しながら声帯のトレーニングもした。来場者は東さんの動きをまねしながら発声し、徐々に声を大きくしていた。

最終更新:7/10(月) 17:00
紀伊民報