ここから本文です

格調高く、15周年で初舞台 加賀・真舞流真選吟舞道会

7/10(月) 1:10配信

北國新聞社

 加賀市の真舞流真選吟(しんぶりゅうしんせんぎん)舞(ぶ)道(どう)会は9日、同市山中温泉の山中座で、開講15周年を機に初めて発表会「吟舞のつどい」(本社後援)を開き、はかま姿の17人が吟詠と日本舞踊を組み合わせた格調高い舞台で来場者約180人を魅了した。

 満席の熱気に包まれた発表会は、出演者全員の「松竹梅」で華やかに幕を開け、歌謡吟「一剣」「千曲川」や百人一首に詠まれている和歌「天の原」などの演目を、扇を手に繰り広げた。

 同門の会長や師範15人も特別出演し、総本部の窪田榮将宗家が「凱旋」で範を示した。会に先立ち、真選吟舞道会の松下鷹選(ようせん)会長があいさつし、宮元陸市長、窪田宗家が祝辞を述べた。

北國新聞社

最終更新:7/10(月) 1:10
北國新聞社