ここから本文です

海の安全とにぎわい願う 千里浜で浜開き

7/10(月) 16:03配信

北國新聞社

 羽咋市の千里浜海水浴場は10日、浜開きし、浜茶屋や地元の関係者ら約20人が今シーズンの安全を祈願した。7日に開業した「道の駅のと千里浜」との相乗効果で、海水浴客増につながるよう期待を寄せた。

 浜開きの神事では、千里浜神社の高井勇學(ゆうがく)宮司と千里浜浜茶屋組合の山田俊一組合長が、海水浴客の安全と浸食が進む砂浜の回復を願って海にハマグリを投げ入れた。山辺芳宣市長や稲村建男県議らが玉串をささげた。

 千里浜では今季も2軒の浜茶屋が8月下旬まで営業する。「道の駅のと千里浜」が開業したこともあって、関係者は海水浴客の増加に期待を寄せており、山田組合長は「好天に恵まれ、多くの人に来てもらいたい」と話した。

 10日の石川県内は全域で曇りがちとなり、正午までの最高気温は金沢30.7度、輪島31.8度など8地点で30度を超える真夏日を観測し、7月下旬から8月上旬並みとなった。

北國新聞社

最終更新:7/10(月) 16:03
北國新聞社