ここから本文です

D・コスタ、チェルシーには合流せず…古巣アトレティコ復帰を熱望

7/10(月) 18:07配信

SOCCER KING

 今夏チェルシー退団が噂されているスペイン代表FWジエゴ・コスタは、アトレティコ・マドリードに移籍できるようにプレッシャーをかけているようだ。10日付のイギリス紙『デイリースター』が伝えている。

 D・コスタは昨シーズン、チェルシーのトップスコアラーとしてプレミアリーグ制覇に貢献したものの、アントニオ・コンテ監督の構想外となっていることが明らかになっている。そこで、同選手は古巣のアトレティコ・マドリード復帰を望んでいる。

 しかし、アトレティコ・マドリードは18歳以下の選手に関する登録違反により、今夏の移籍市場で補強禁止処分を科されている。そして、処分期間中に獲得した選手の登録は来年1月まで待たなければならないことが問題になっている。それでも、D・コスタは古巣復帰を望んでいるようだ。

 一方の、アトレティコ・マドリードはD・コスタ獲得を望んでいるものの、移籍金額が高いことに難色を示している。チェルシーは、これまで8000万ポンド(約113億円)に設定していた売却額を5000万ポンド(約70億円)まで引き下げたことが明らかとなっていた。

 しかし、それでもなかなか成立しないことでD・コスタは、プレシーズンのトレーニングに参加しないことを決めた模様。これにより、チェルシーがさらに同選手の放出に応じるようにさせたいようだ。そこで現在は、同選手の価値を下回る2650万ポンド(約39億円)で交渉しているのではないかと報じられている。

SOCCER KING

最終更新:7/10(月) 18:07
SOCCER KING