ここから本文です

[プリンスリーグ関東]無得点反省の前育エースFW飯島、インハイでは得点王と宿敵へのリベンジ誓う

7/10(月) 19:28配信

ゲキサカ

[7.8 高円宮杯プリンスリーグ関東第8節 三菱養和SCユース 2-0 前橋育英高 三菱養和調布G]

 首位・前橋育英高は0-2で三菱養和SCユースに敗れ、3位後退。前後半ともにチャンスはあったが、最後まで1点を奪うことができなかった。

 この日欠場した注目CB角田涼太朗(3年)やいずれもベンチスタートだった日本高校選抜左SB渡邊泰基、MF田部井悠(ともに3年)ら負傷者がおり、木曜日まで定期試験があった影響もあってコンディションが万全ではなかった。

 だが、山田耕介監督は「それでもやらなきゃいけない」と指摘。日本高校選抜のエースFW飯島陸(3年)も「試験中もちょっとは練習していた。それのせいにしていたら良くない。前線がもっと早いうちに点取っていればもっと楽な試合になったと思うので、自分たちの責任かなと思います」と反省していた。

 飯島は前節の横浜FCユース戦で2得点。日本高校選抜の欧州遠征に参加したためにプリンスリーグ関東の開幕2試合を欠場したが、ここまで4得点と結果を残してきている。この試合では得意のドリブルだけではなく、くさびのパスを受けるフリをしてスルーし、味方を活用するなど視野広くプレーしていたが、思うように攻撃を好転させられず、ボールに絡めない時間帯も。後半アディショナルタイムにはFW榎本樹(2年)が頭でそらしたボールに鋭く反応して右足を振り抜いたが、これがクロスバーを叩くなど1点を奪うことができなかった。

「最後とか全然決められなかった。全然ダメ。(得点数は)まだ足りないですね。2桁以上は狙いたいんで結果にこだわらないといけない」と飯島。また、組み合わせの決まったインターハイへ向けては「個人的には得点王を狙いに行って、その中で自分の良さを出せればいい。動き出しとかで裏取ったり、運動量多いプレーとかゴール前の仕掛けとかもっとやりたい。今のままでは全然通用しないので、もっとやっていかないといけない」と少しでもレベルアップして全国大会に臨むことを誓っていた。

 昨年度の全国高校選手権では準優勝したが、決勝では青森山田高に0-5で大敗している。今回のインターハイではお互いに勝ち上がれば3回戦で対戦する組み合わせとなった。飯島は「一番やりたいのは山田なので、自分とか前線がいっぱい点取ってこの間5-0で負けたので、今度はそれくらいで勝つ勢いでやりたいです」とリベンジを誓う。

 前橋育英は東海王者の三重高と初戦で戦い、それで勝利しても北の名門校・北海道大谷室蘭高と注目の新鋭・東海大相模高の勝者と2回戦。また青森山田も一昨年の優勝校・東福岡高、四国の雄・明徳義塾高との争いを勝ち上がらなければならず、互いに厳しいブロックとなっている。その中で前橋育英はリベンジ、そして日本一を目指して目の前の相手を一つずつ打ち破っていくこと。まずは、この日の喫した敗戦から改善し、プリンスリーグの次節で勝利して勢い付けてインターハイに臨む。

最終更新:7/10(月) 19:28
ゲキサカ