ここから本文です

J・レナー映画の撮影で両手骨折「仕事に影響ない」

7/10(月) 8:44配信

日刊スポーツ

 米映画「アベンジャーズ」シリーズなどで知られる俳優ジェレミー・レナー(46)が、新作映画の撮影中に両手を骨折したことが明らかになった。

 チェコで開催中のカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭に新作映画「ウィンド・リバー」を引っ提げて登場したレナーは、右ひじと左手首を骨折したことを明かした。「スタントが少しあるコメディー映画を撮影中に負傷したんだ。朝、洋服を着るのが大変なくらいで、仕事に影響はない」とコメントしている。

 現在、来年公開予定の「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」を撮影中のため、同作の撮影中に負傷したのではないかと米メディアは伝えたが、同時進行で撮影しているコメディー映画「タグ」(18年公開予定)で負傷したことが判明した。

 「アベンジャーズ」シリーズでは弓矢の名手ホークアイを演じているレナーは、両手を固定した状態の写真も公開しているが、「早く治るようにあらゆることをしている」と語り、今後の撮影スケジュールに影響はないとしている。(ロサンゼルス=千歳香奈子)

最終更新:7/10(月) 9:28
日刊スポーツ