ここから本文です

今平周吾「意味ない」逆転Vへ攻めた18番池ポチャ

7/10(月) 9:59配信

日刊スポーツ

<男子ゴルフ:長嶋茂雄招待セガサミー・カップ>◇最終日◇9日◇北海道・ザ・ノースカントリーGC(7178ヤード、パー72)◇賞金総額1億5000万円(優勝3000万円)

【写真】美人キャディーと今平周吾

 今平周吾(24=レオパレスリゾートグアム)が惜しくも2勝目を逃した。5バーディー、2ボギーの69で回り、通算15アンダーの273で3位。逆転を狙った18番で第2打を池に入れるなど、3年連続の大会トップ3にも悔しさをにじませた。通算18アンダーまで伸ばしたチャン・キム(27=米国)が、5月のツアー初優勝に続く2勝目を挙げた。

 今平の2勝目が池に消えた。18番パー5の第2打はグリーンエッジまで246ヤード。「普通に届く距離だった」と3番ウッドを振り抜いたが、引っかけた当たりはグリーン手前の土手にも届かなかった。過去2年も2位、3位と相性のいい大会だけに「2位とか3位とか…優勝じゃないと、うれしくないですね」と、初の賞金シードを決めて喜んでいた2年前とは違う感情が湧いた。「勝たなきゃ意味がない。この経験を生かして、リベンジしたい」と顔を上げた。

最終更新:7/10(月) 10:56
日刊スポーツ