ここから本文です

U2の名曲、エッジ本人がギターの弾き方指南-フェンダーのアプリ

7/10(月) 10:51配信

Bloomberg

ロックバンド「U2」のギタリスト、デービッド・エバンス(ジ・エッジ)が初めてギターを手にしたのは9歳の頃。小型のアコースティックギターだった。

ギター大手のフェンダー・ミュージカル・インスツルメンツの「ストラトキャスター」を手に入れてからは40年近くがたち、ロックギタリストのレジェンドとして知られるようになったエッジは同社の取締役会メンバーとして、音楽産業におけるギター復興に一役買うことになった。

フェンダーが米英、カナダで6日にリリースしたアプリ「フェンダー・プレイ」は、月間19.99ドル(約2300円)でギターの演奏技術の習得を助ける。TPGキャピタル傘下部門とサーボ・パシフィックが経営権を握るフェンダーは、近年停滞気味のギター売り上げを回復させようと、ギターを上手に弾けるようになりたいという需要に目を付けた。

エッジはインタビューで、「ギター音楽への関心は今でも非常に高いのに、コンテンポラリーカルチャーの前面に出てきていないようだ」と述べ、隠れた需要を掘り起こすのにアプリが貢献するだろうと語った。アプリではエッジとU2がヒット曲「ビューティフル・デイ」や「ディザイアー」、「ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネイム(約束の地)」などの弾き方をレッスンする。

レッスンは能力に応じて5段階に分かれ、各10ー12コースで構成、ロック、ポップス、カントリー、フォークのジャンルを問わず、入門者が30分で何とか弾けるようにすることを目指している。原題:U2’s Edge Helps Fender Find What It’s Looking for With New App(抜粋)

Lucas Shaw

最終更新:7/10(月) 10:51
Bloomberg