ここから本文です

香港株:ハンセン指数が反発、HSBC買われる-東方海外は大幅高

7/10(月) 12:51配信

Bloomberg

10日の香港株式相場は上昇。ハンセン指数は終値ベースで先週末の7週間ぶり安値から反発した。金融株では英銀HSBCホールディングスの値上がりが目立ち、中遠海運が買収すると発表した東方海外国際も大きく買われた。

ハンセン指数は前週末比0.6%高の25500.06で終了。中国平安保険(集団、2318 HK)は1.3%上げ、2015年6月以来の高値。HSCB(5 HK)は2%高。東方海外(316 HK)は20%上昇。中遠海運(1919 HK)が63億ドル(約7200億円)で同社を買収すると発表。中遠海運は5.4%上げ、15年12月以来の高値を付けた。

光銀国際投資の調査責任者、林樵基(バニー・ラム)氏は「過去数日の値下がりを受けたテクニカルな反発のようだ。中遠海運が発表した東方海外買収計画もセンチメントを押し上げた」と述べながらも、「売買は依然として低調で、10日の値上がりが週内に維持されるかどうかはまだ分からない」と述べた。

中国本土銘柄で構成するハンセン中国企業株(H株)指数は0.4%安。本土市場では、上海総合指数が0.2%安の3212.63で引けた。

原題:Hong Kong Stocks Rebound From Seven-Week Low as Financials Rise(抜粋)

Ryan Lovdahl

最終更新:7/10(月) 19:06
Bloomberg