ここから本文です

中国最大の不動産取引-融創中国が万達の資産取得、1兆600億円規模

7/10(月) 16:29配信

Bloomberg

中国不動産開発会社の融創中国は、複合企業の大連万達集団からホテルや土地、複数のプロジェクトを632億元(約1兆600億円)で取得することで合意した。これは中国の不動産取引として最大規模。融創中国を率いる資産家の孫宏斌会長は、競合他社による資産縮小を生かそうとしている。

万達集団のウェブサイトに掲載された発表資料によると、融創中国は傘下部門を通じて万達からホテル76軒を取得するほか、13件の文化・観光プロジェクトの権利91%相当を購入する。融創中国は「非常に大きな」買収発表を理由に、香港市場での同社株式の売買を10日は停止すると発表した。先週末7日は前日比6.9%安で引けていた。

万達集団の創業者、王健林会長は不動産業から重点を移してエンターテインメント帝国を拡大する考えだ。同集団傘下のホテル運営会社、万達酒店発展の株価は10日の香港市場で一時、前週末比155%急騰した。同社の担当者は今回の売却が同社に与える直接的な影響はないとしている。

中国不動産業界では競合他社やその資産を買収する動きが活発になっており、ブルームバーグの集計データでは4-6月(第2四半期)は過去最高の967億元規模に膨らんだ。

原題:Sunac to Pay $9.3 Billion for Wanda Assets in Record Buy (3)(抜粋)

Emma Dong, Prudence Ho

最終更新:7/10(月) 16:29
Bloomberg