ここから本文です

映画「君はひとりじゃない」、ジェリー&ザ・ペースメイカーの楽曲を使用した予告編公開

7/11(火) 17:25配信

CDジャーナル

 第65回〈ベルリン国際映画祭〉で監督賞となる銀熊賞を受賞したポーランド映画「君はひとりじゃない」が、7月22日(土)より東京・シネマート新宿、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次公開。封切を間近に控え、主題歌であるジェリー&ザ・ペースメイカーズの「You'll Never Walk Alone」を使用した予告編がYouTubeにて公開されています。

 本作は突然母親を失った父と娘の再生をユーモアを交え描いたドラマ。母の死のショックで摂食障害になり心を閉ざし続けている“オルガ”を、本作が映画デビューとなるユスティナ・スワラ、“オルガ”の父にして人間の死に慣れてしまった検察官の“ヤヌシュ”を『鉄の男』や『トリコロール / 白の愛』で知られるヤヌシュ・ガヨス、2人の前に現われる不思議な力を持つセラピスト“アンナ”を『カティンの森』のマヤ・オスタシェフスカが演じています。

 「You'll Never Walk Alone」は、1963年にジェリー&ザ・ペースメイカーズが発表し、4週連続でイギリスチャート1位を獲得。イングランドのサッカーチーム「リヴァプールFC」のサポーター・ソングとしても知られる一曲です。同楽曲を主題歌に採用にしたことについて監督のマウゴシュカ・シュモフスカは「主題歌については色んな曲を試してみたんですが、サッカー・ファンの脚本と撮影監督を担当したミハウ・エングレルトが『リヴァプールの応援歌なんだけど……』とこの曲を提案してくれました。そして編集室で重ねてみたら、うまくマッチングしたんです。 この曲で伝えたい事は、“あなたはひとりじゃない、周りにはちゃんとそばにいてくれる人がいる。でもみんな向き合えていないのよ。目を覚ましなさい!”ということなんです」と説明しています。

最終更新:7/11(火) 17:25
CDジャーナル