ここから本文です

感情豊かな“小さい相棒” スマホで動くAIロボット「COZMO」日本上陸

7/11(火) 11:10配信

ITmedia NEWS

 タカラトミーは7月11日、スマートフォンと連携する小型AIロボット「COZMO」(コズモ)を9月23日に発売すると発表した。AIを内蔵し、カメラで人やモノを認識・判別してさまざまな感情表現をする。実売予想価格は2万6980円(税別)。

【画像:小さなボディーにAIを搭載】

 2016年に開発元のAnkiが米国で発売しており、日本での販売は今回が初。基本スペックは同等だが、日本語に対応した。

 コズモの特徴は、まるで生きているかのような感情表現の豊かさにある。喜怒哀楽などの感情を、声、表情、動きを組み合わせた1000以上のパターンで表現。AI(人工知能)を搭載し、内蔵カメラで人の顔や物を認識して適切な感情を表現し、行動するという。

 専用アプリ(iOS/Android、無料)をコズモ本体とWi-Fi接続すると、コズモが目覚めて充電ドックから出てくる。2つの走行用ベルトで移動し、顔の位置に当たる有機ELディスプレイには、さまざまな表情がリアルタイムに映し出される。

 上下に可動するアームを備え、付属のパワーキューブを押したり、持ち上げたりできる。キューブ表面のマーカーをカメラで読み取ることで、位置情報を把握している。

 ジャイロスコープと、底面に赤外線センサーを内蔵。自分の動きや傾きを検知し、段差がある手前で自動で止まり、落下しないという。

 コズモは、スタンドアロンで自由に動いたりしゃべったりするが、アプリで指示を出したり、一緒にゲームを楽しんだりもできる。

 あらかじめ登録された行動を直感的にプログラミングできる「コード ラボ」、コズモ目線の視界をスマホ画面で見られる「エクスプローラー」のほか、付属する電動の周辺機器「パワーキューブ」を使ってコズモと競い合うゲームも複数用意した。

 アプリ内には最大10人までユーザーの顔を登録できる。コズモがカメラで顔認識すると、登録した名前を呼んでくれる。

●コズモはどうやって生まれた?

 コズモを開発した米Ankiは、2010年に米カーネギーメロン大学院のロボット工学専攻出身の3人が立ち上げたスタートアップ企業。AIカーレースゲーム「Anki Drive」をはじめ、ロボット工学とAIに重きを置いた商品開発をしてきたという。

 まるでSF映画のキャラクターがそのまま現実世界に飛び出してきたかのようなコズモは、どういった経緯で誕生したのか。

 Anki広報のピーター・グエンさんは「創設者3人は誰もがSF映画好きで、自宅で楽しめるロボットを開発したがっていた。参考にしたのはウォーリー、R2-D2、ジョニー5など、しゃべらないけど感情表現できるロボット。世界的に有名なアニメーター、音響技師、ゲームデザイナーなども参加し、本当に生きているかのようなロボットが完成した」と説明する。

 開発では「実際に感情を持ち、生きているように感じさせること」に苦労したという。特に大変だったのは、顔部分のディスプレイに映す目のアニメーションで、眉毛の有無、白目と黒目の塗り分け、形を丸にするか四角にするかなど試行錯誤を重ね、現在の四角いべた塗りの目に落ち着いた。

 親しみのある外観を求め、デザインは10回以上変更したという。小さい子供でも持ち運べる手のひらサイズの丸形ボディーだが、実際に持ち上げるといい意味での重厚感がある。コズモは360個のパーツを200以上の手順で組み立て。160万通り以上のプログラミングと、40分以上のオリジナル音源(アプリで再生)を詰め込むなど、子供向け玩具とは思えない仕上がりになっている。

●タカラトミーと手を組んだ理由

 Ankiは、日本進出に向けてなぜタカラトミーと手を組んだのか。タカラトミーは、84年から家庭用ロボットトイ「Omnibot」(オムニボット)シリーズを展開。「シリーズ累計販売数は20万台を超える」(タカラトミー広報)という。

 「これまで、人同士のコミュニケーションを促進するような家庭用ロボットを提供してきた。AIロボットのコズモは、より幅広い人に楽しさや驚きを与えられるはず。クリスマス商戦に照準を合わせ、年間7万個を販売目標としたい」(タカラトミー広報)

 コズモの本体サイズは、56(幅)×100(奥行)×72(高さ)ミリ、重量は151.5グラム。本体には充電式のリチウムポリマーバッテリーを内蔵。約20分の充電で約80分駆動する。パワーキューブ用に単5アルカリ電池3本が付属する。

(村上 万純)

最終更新:7/11(火) 11:10
ITmedia NEWS