ここから本文です

町田慎吾主演!戦国御伽絵巻シリーズ第2弾

7/11(火) 15:40配信

チケットぴあ

町田慎吾主演の「戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』」が、東京・紀伊國屋ホールで8月5日(土)から8月13日(日)まで上演される。本作は、2016年に上演された「『ソロリ』~妖刀村正の巻~」に続く「戦国御伽絵巻」シリーズ第2弾で、「人を殺したくない」という信念を持つ秀吉を主人公に、殺陣で見せるのではなく、戦乱の世を生きた人間たちの心情を深く描く。

撮り下ろし写真、6点

主役でもある木下秀吉を演じる町田は、「“人を殺さず平和な世を築きたい”と考えるこの作品の秀吉は優しくて、周りを包み込むような人なんだろうなと思っています。でも、人を殺さずに天下を取るなんて実際には無理で、そこに苦悩している。その心の揺れを大切に描きたい」と語る。「台本を読んで、自分がしっかりしなければ成り立たない舞台だと、すごくプレッシャーを感じています」という言葉から伺えるまっすぐさが、自分の信念や夢に向かって進む今作の秀吉に重なるようでもある。

時代モノの舞台といえば激しい殺陣が見どころになることも多いが、この「戦国御伽絵巻」シリーズは、あくまでも人間ドラマだ。「僕は劇中で刀を抜くことさえないと思います。殺陣がない、見せ場が剣じゃない、というのはなかなか挑戦的なことだと思うので、そこをしっかり見ていただきたいなと思っています。歴史好きな方はもちろん、エンターテイメント性の高い作品が好きな方にも面白いなと思っていただけるはず」。

メインテーマは、「オレにはオレの戦い方がある」。歴史の表には出てこない、人々が持っていたはずのそれぞれの正義を描き、ファンタジーだからこそ伝わるメッセージを届ける。町田自身の“戦い方”を聞いてみると、「その時にできる全力を絶対に出す。例えば、もし自分がこの作品を最後に死んでしまったとしても、“これで良かった”と言えるようにそこに全部費やす。それが僕の信念。周りの人からは“早死にする”なんて言われるんですけどね(笑)」と。

「僕はふわっとしてる人間なんで」と、終始柔らかい笑顔で語っていた町田だが、「本番まで、本当にこれでいいのか、もっとないのかとあがきます。“なぜこの人はこう言うんだろう”とか、合っていても合っていなくても、自分が演じる役を理解しようとすることで、その人物がスッと自分の中に入ってくるんです。そうすると、あとはもう何も考えない。今回も作品の中でちゃんと秀吉として生きられれば、それが伝わると思う」というまなざしは、覚悟の決まった頼もしい座長そのものだ。

「僕が舞台を見に行って1番心に響くのは、感情が揺れている演者を見た時。この作品はそういう場面がたくさんあるはずなので、全身全霊で演じます」と意気込む町田が主演の「戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』」は8月5日(土)から8月13日(日)まで、東京・紀伊國屋ホールにて。チケットは発売中。

取材・文:関亜沙美

最終更新:7/11(火) 15:40
チケットぴあ