ここから本文です

「博多山笠」遺産登録を記念、光と水のショー

7/11(火) 7:55配信

産経新聞

 福岡市の伝統行事「博多祇園山笠」の映像を壁面に投影するプロジェクションマッピングショーが、市内の複合商業施設「キャナルシティ博多」で開かれ、注目を集めている=写真。高さ10メートルを超える噴水や、色鮮やかな照明が映像に花を添える。14日まで。

 博多祇園山笠が昨年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されたのを記念し、施設の運営会社が企画した。

 屋外噴水ステージを会場に、男衆が山車を担ぎ、街中を勇壮に駆け回る「追い山」など約4分間の映像を流す。

 「ヤーッ」の掛け声に合わせ複数の噴水が一斉に上がる。会場に展示された飾り山笠や和太鼓の音も、その場を盛り上げる。

 千葉市から訪れたという主婦、谷真里子さん(39)は「大画面で見る追い山は迫力があり、これまで見たことがない」と笑顔を見せた。午後8時、8時半、9時の3回。無料。

最終更新:7/11(火) 7:55
産経新聞