ここから本文です

コーリー・キング、初のリーダー公演をCOTTON CLUBで開催 公演に向けてのメッセージも

7/11(火) 17:25配信

CDジャーナル

 ニューヨークを拠点に、エスペランサ・スポルディング、クリスチャン・スコット、黒田卓也らと共演経験を持つ気鋭のシンガー・ソングライター / トロンボーン奏者、コーリー・キング(Corey King)が昨年リリースした初ソロ・アルバム『ラッシズ』(AGIPi-3585 2,300円 + 税)を携えて来日。7月11日(火)、12日(水)に東京・丸の内 COTTON CLUBにて公演を開催。公演に向けてのメッセージが、YouTubeにて公開されています。

 米テキサス州ヒューストン出身のキングは11歳でトロンボーンを始め、ビヨンセやロバート・グラスパーらを輩出した名門校“ハイ・スクール・フォー・ザ・パフォーミング・アンド・ヴィジュアル・アーツ”を経て、2004年にニューヨークへ進出。交差する新たな音楽ムーヴメントを象徴する存在として注目を集めています。

 本公演には黒田卓也(tp)、吉田サトシ(g)、石若 駿(ds)、ラシャーン・カーター(b)が参加。詳しくはCOTTON CLUBのオフィシャル・サイトをご覧ください。

最終更新:7/11(火) 17:25
CDジャーナル