ここから本文です

木村 亡き母へ金星誓う「世界のベルトを獲って帰る」

7/11(火) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇WBO世界フライ級タイトルマッチ 王者・鄒市明≪12回戦≫同級・7位木村翔(2017年7月28日 中国・上海オリエンタルスポーツセンター)

 世界初挑戦の木村翔(28=青木)が都内で会見し「正々堂々殴り合って、必ず世界のベルトを獲って帰ってくる」と意気込んだ。

 9日までタイ・バンコクで2週間の強化合宿を行い、世界挑戦経験者らと週4回のスパーリングを敢行。完全アウェーで五輪連覇のスター選手、鄒市明(ゾウ・シミン)に挑むが「ブーイングも力に変えたい。(36歳の王者は)年齢も年齢だし、穴はあると思う」と金星を誓った。8年前に母・真由美さん(享年40)を乳がんで亡くした。昨年11月に敵地・大阪でWBOアジアパシフィック王座(日本非公認)を獲得した際は翌日にベルトを手に埼玉・熊谷へ帰省。「今度は世界のベルトを持って墓参りしたい」と決意を語った。