ここから本文です

「天声人語 2017年7月11日」

7/11(火) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 1945年にポツダム宣言を受諾した後、日本の軍人や役人たちには急ぐべき大仕事があった。公文書の焼却である。これから進駐してくる連合国軍に文書を押さえられては、戦争犯罪の追及に言い逃れができなくなる。火をつけてなきものにした▼「後になってどういう人にどういう迷惑がかかるか分からないから、選択なしに全部燃やせということで……三日三晩、炎々と夜空を焦がして燃やしました」。内務省の職員の回想を、歴史学者の吉田裕(ゆたか)氏が著書で紹介している。歴史の検証に役立つ書類が大量に失われた▼そんな過去の反省はどこに行ったか。……本文:1,159文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社