ここから本文です

バニラエア、機内手荷物の基準改訂 10月から、1人7キロまで

7/11(火) 20:56配信

Aviation Wire

 バニラエア(VNL/JW)は、冬ダイヤ初日の10月29日から機内持込手荷物の基準を改訂する。機内に持ち込める手荷物のサイズを、全日本空輸(ANA/NH)や日本航空(JAL/JL、9201)などと同じサイズにし、重量の上限を従来の2個合計10キロから7キロに変更する。

【国内LCCの機内持込手荷物の基準一覧表】

 10月28日までの現行基準は、手荷物の三辺の和が115センチ以内かつ各辺の長さが56センチ×36センチ×23センチ以内で、個数は手荷物1個とハンドバッグなど身の回り品1個の2個までとし、重さは2個合計で10キロまでだった。

 新基準では、三辺の和は115センチ以内で変わらないが、各辺の長さをANAやJALなどと同じ55センチ×40センチ×25センチ以内に改訂。個数の条件は変わらないが、重さは2個の合計7キロまでに引き下げる。

 国内のLCCは現在4社。ピーチ・アビエーション(APJ/MM)の基準は、三辺の和が115センチ以内かつ各辺50センチ×40センチ×25センチ以内で、個数は2個まで、重さは合計10キロまで。ジェットスター・ジャパン(JJP/GK)は、各辺56センチ×36センチ×23センチ以内で、個数は2個まで、重さは合計7キロまで。春秋航空日本(SJO/IJ)は、三辺の和が115センチ以内かつ各辺が56センチ×36センチ×23センチ以内で、個数は1個まで、重さは5キロまで。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:7/11(火) 20:56
Aviation Wire