ここから本文です

岩谷産業、岡山県初の水素ステーションを2017年度内に建設…省スペース化と建設コスト削減

7/11(火) 8:00配信

レスポンス

岩谷産業は、2017年度中の完成をめざし、岡山県内初となる「(仮称)イワタニ水素ステーション 岡山南」の建設を行うと発表した。

[関連写真]

岡山県は関西と四国、九州を繋ぐ要所であり、同ステーションは県内の燃料電池自動車(FCV)ユーザーに加え、既に水素ステーションが営業している隣接地域から他地域への移動時の中継充填拠点としても多くのドライバーが利用すると見込んでいる。

定置式の同ステーションでは、主要機器類をユニット化してひとつのパッケージ内に収める方式を採用し、省スペース化と現地工事縮小による建設コスト削減を図る。また、FCV普及による充填台数の増加に対しては、圧縮水素の貯蔵量増加で対応を図る。

同社では、これまで全国に22か所の水素ステーションを建設。同社では、岡山県に建設する水素ステーションが、今後の地方都市への展開や、土地の制約が多い都市部における水素ステーションのモデルの一つとなるとしている。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7/11(火) 8:00
レスポンス