ここから本文です

製茶条例廃止に反対 消費者団体連、静岡県に改正要請

7/11(火) 7:56配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡県が廃止に向け意見公募を始めた県製茶指導取締条例について、県消費者団体連盟(小林昭子会長)は10日、廃止に反対し、改正するよう県経済産業部長に文書で要請した。

 条例は静岡茶に調味料や発色剤など「異物」を混入させることを原則禁止し、香り付けのために花や果実などを混入するには知事の許可を必要としている。

 同連盟は「条例を維持しつつ、新商品申請手続きを簡素化し、現在、規制対象外になっている抹茶や紅茶なども規制の対象に含める」よう条例改正を求めた。条例の厳格な規制に基づいて静岡茶の品質が維持されてきたと指摘。廃止すれば販売減につながると危惧した。

静岡新聞社