ここから本文です

【タイ】スタートアップ支援で協力、日タイが覚書

7/11(火) 11:30配信

NNA

 日本の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は7日、タイ科学技術省の国家革新機関(NIA)とスタートアップ支援に関する協力覚書(MOU)を締結した。タイでの起業環境の構築や日本発スタートアップのタイ進出を支援する。
 NEDOの担当者によると、NIAとの情報交換を通じ、タイでの人材育成といった支援環境の構築や新技術の発掘を支援する。タイの学術機関と提携し、日本の技術を活用した起業支援なども提案していく。NEDOは日本でも研究開発型のベンチャー支援事業を展開してきた実績があり、培ったノウハウなどを生かしていく方針。両国間のビジネスマッチングの機会も提供する。
 NEDOが海外の機関とスタートアップ支援に関する覚書を締結するのは初めて。タイ政府はイノベーション政策の一環としてスタートアップ支援を強化しており、支援環境の整備が喫緊の課題という。NEDOはバンコクの拠点を窓口に、東南アジア諸国連合(ASEAN)でのスタートアップ支援も展開していく。
 NEDOとNIAは、2015年2月にエネルギー環境・産業技術分野を対象とした包括的な協力を進めていくことで合意。複数の共同事業を実施している。

最終更新:7/11(火) 11:30
NNA