ここから本文です

【RIZIN】堀口との決戦へ、所「最後に自分が勝つと信じて」

7/11(火) 17:34配信

イーファイト

 7月30日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017 バンタム級トーナメント1st ROUND-夏の陣-』のバンタム級トーナメント一回戦で、元UFCファイター・堀口恭司(アメリカン・トップ・チーム)と対戦する所英男(リバーサルジム武蔵小杉所プラス)が、11日(火)都内で公開練習を行った。

【フォト】下から腕十字を取りにいく所

 練習仲間である第3代ZSTフライ級王者・伊藤盛一郎とのスパーリングでは、バックポジションから一回転しての足関節の取り合い、ガードポジションからの腕十字など目まぐるしく展開が入れ替わる関節の取り合いを披露した。所は「盛一郎さんとやるといつも回転する(ポジションが激しく入れ替わる)スパーになります」と普段から魅せる試合を意識した練習をしているという。 

 堀口については「強いというのが伝わる凄い選手」と評し、以前インタビューで「勝てる確率は1%くらい」と発言したがその確率は上がったか、との質問には「その確率を上げるために頑張って練習してきました。自分の中では確率が上がってるのかなと思いますが、それは自分じゃ分からないのでただ頑張るだけです」とコメントし、やるべき事に集中しているようだ。 

 さらに所は「今からそんなビックリするくらい変われるわけじゃないので、自分の持っているものを全部出します。相手どうこうじゃないです、負けるつもりでリングに上がるわけじゃないので全部出して勝つ。最後に自分が勝つと信じて戦います」と覚悟のコメントを残した。

最終更新:7/11(火) 17:34
イーファイト