ここから本文です

【オーストラリア】エアビーアンドビー利用、豪は地方に軍配

7/11(火) 11:30配信

NNA

 オーストラリアでの昨年の空き部屋貸し出しサービスのエアビーアンドビー(Airbnb)の利用者による地方での支出額が全体の56%となり、都市部での支出額を上回ったことが同社の最新調査で分かった。地方部の利用が都市部を上回ったのは先進国中オーストラリアのみという。オーストラリアンが伝えた。
 同調査によると、地方で特に人気が高かったのはクイーンズランド(QLD)州で、エアビアンドビー利用者による昨年の支出総額は1億6,000万豪ドル(約138億円)。人気の旅行先は、QLD州のケアンズやヌーサ、ニューサウスウェールズ(NSW)州のバイロンベイ、ビクトリア(VIC)州のグレート・オーシャン・ロードなどとなっている。外国人旅行者の人気は都市部に集中しており、こうした地方での利用は3日間の週末などを使った市民による国内旅行が多かったようだ。
 また、地方での利用客数は計170万人に上り、利用客1人当たりの宿泊日数は1.8日。支出額の総計は2億8,700万豪ドルだった。
 会計大手デロイト傘下のシンクタンク、デロイト・アクセス・エコノミクス(DAE)によると、エアビーアンドビーの地方経済への恩恵は4億1,000万豪ドルで、3,777件の職の創出に貢献したという。
 エアビーアンドビーのオーストラリア部門を率いるマクドナー氏は「われわれは地方のオーストラリア人や中小企業に経済的に貢献し、観光ブームの恩恵を拡大している」と述べている。

最終更新:7/11(火) 11:30
NNA