ここから本文です

防災、天候…富士登山者を支援 御殿場口新5合目に交流拠点

7/11(火) 8:06配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 富士山の静岡県内3登山道が開通した10日、御殿場市の富士山御殿場口新5合目に交流拠点が開設された。登山者は準備を整え、山頂を目指した。富士宮市では中学生がみそぎを行い、開山期間中の安全を祈願した。

 御殿場口の交流拠点「マウントフジトレイルステーション」は9月10日まで、富士山の登山届の受け付けや下山者向けの登頂証明書発行、スタッフによる案内などを行う。山頂の天候を伝える掲示板や自動体外式除細動器(AED)、防災用品も設置している。

 友人と2人で登山に来た男子大学生(23)=岐阜市=は「充実した富士山情報や休憩設備が魅力的」と話した。スタッフの山口拓哉さん(35)は「登山客はもちろん、観光客も楽しめる場。多くの人にくつろいでほしい」と語った。

静岡新聞社