ここから本文です

ワインを芸能人に例えた飲食店 「ミラモンテ」は「村上信五」

7/11(火) 17:26配信

J-CASTニュース

 数多の種類があり、それぞれに繊細な違いがあるワイン。メニュー一覧を見ても風味のイメージが湧かないという人は少なくないだろう。

【写真】赤ワインを「芸能人に例えると」?

 そんなワインを馴染み深い「芸能人」に例えてメニュー表記する飲食店があるとツイッター上で報告され、「ありがたい」と反響を呼んでいる。

■「味の違いがわからない私にはありがたかった」

 ツイッターユーザーの「井口エリ(ちぷたそ)」さんが独特なメニュー写真を投稿したのは2017年7月9日。見ると、ワインはそれぞれ名称、産地、ブドウの品種に、白は甘口・辛口の度合い、赤はボディの重さの度合いが表記されているほか、「芸能人に例えると」という欄が目に入る。そこには各ワインに「伊勢谷友介」「福士蒼汰」「石原さとみ」「エマ・ワトソン」といった名前とともに、店側による名前に応じた一言コメントが書かれている。

 たとえばミラモンテ(チリ産、白)は関ジャニ∞の「村上信五」。イケメン揃いのジャニーズ事務所所属ながら、バラエティー番組で関西弁による軽妙なトークを繰り広げる村上さんよろしく、「スッキリで飲みやすい!辛くもなく甘くもなく、めっちゃイケメンでもなく芸人でもなく」と店側の一言コメントが添えられている。

 投稿した井口エリ(ちぷたそ)さんのツイートによると、このメニューが置かれていたのは「炭火とワイン 学芸大学店」で、「味のイメージを芸能人に例えてくれていてワインは好きだけど味の違いがわからない私にはありがたかった」とワイン選びに役立ったようだ。11日昼までに約2800の「いいね」を集め、別のユーザーからも、「スゲェ...逆にわからない...」「全然想像できなくてスミマセン」と混乱の声もあるが、「ここ行ってみたい」「私なら確実に伊勢谷友介選ぶやつな」と興味を引かれる声も出ている。

店長「ワインは難しい」

 「炭火とワイン 学芸大学店」店長は11日のJ-CASTニュースの取材に「ワインは難しいので、詳しくないお客様にもできるだけ分かりやすくしたという考えで表記している次第です」と説明する。ボディの重さや風味から連想で出てきた人物を選んでいるといい、芸能人表記があるワインは全20種類ほど。

  「ワインはブドウの品種や産地によって風味が違いますし、作り手によっても変化します。加えてフランス語、イタリア語、スペイン語など、一般的には見慣れない言語の名称が非常に多いので、単純にメニューを見ただけでは何がどういう風味なのか、多くのお客様にとって想像しづらいのです」

 一言コメントも前記のようにポップなものが多く、「とにかく楽しんでいただきたいというシンプルな思いです。導入として、これを機にワインにご関心を持ってもらえればなと思います」と話す。

 ワインの名称の代わりに表記された芸能人で注文しても受け付けてくれるといい、たとえば「福士蒼汰さんを1つください」などと言えば通じる。店員側も芸能人の名前で客にワインを勧めることがあり、こうしたサービスから「お客様からも基本的に好評を頂いています」と話す。なお、同店に限らず他店舗でも同様の芸能人メニュー表記がなされているという。

最終更新:7/11(火) 17:26
J-CASTニュース