ここから本文です

「The Batman」のマット・リーヴス監督、三部作の可能性を示唆

7/11(火) 18:07配信

IGN JAPAN

「The Batman」のマット・リーヴス監督は、このDCの単独映画がバットマンを中心とした三部作の始まりになるかもしれないと話した。
「連作のアイデアはあります。しかし、まずスタートを切ることが大事です。最初に1作を完成させることから始めなければなりません」とリーヴスはFandangoのインタビューに答えた。

「The Batman」画像・動画ギャラリー

米国で間もなく公開される「猿の惑星:聖戦記」の監督も務めたリーヴスは、シーザーを主人公とする「猿の惑星」の新三部作における物語の横糸が事前に計画されたものではないと明かした上で、「何かの口火を切るストーリーから始める必要があるのです」と付け加えた。
「私が3作の『猿の惑星』について物語上の繋がりをあらかじめ計画していたと言ったら嘘になります。事実は全然違うからです」とリーヴス。「あの主人公(シーザー)はとても良いキャラクターですし、連作の可能性は最初からありましたが、AからZまでの実際のストーリー展開は事前には存在しなかったのです」
例えば「猿の惑星:新世紀」の場合、リーヴスが語りたかったストーリーは告げられた筋書きと異なるため、映画の制作が始まったとき、自分が行きたい方向がはっきりしていた反面、そこへたどり着くまでの行き方がよく分かっていなかったという。リーヴスは「The Batman」の現状もそれに似ていると話し、「連続したストーリーを作る意欲」は確かに存在するが、「本当に一番大事なのは、力強い最初の物語を届けることです」

ベン・アフレックが主演を務める「The Batman」は、リーヴスによればノワール風の探偵版のバットマンをフィーチャーする「非常にエモーショナルなストーリー」になるという。

Alex Osborn

最終更新:7/11(火) 18:07
IGN JAPAN