ここから本文です

武井咲、初の悪女役「こんなに気持ちのいい役は初めて」…テレ朝系「黒革の手帖」

7/11(火) 5:05配信

スポーツ報知

 女優の武井咲(23)が10日、主演するテレビ朝日系連続ドラマ「黒革の手帖」(20日スタート、木曜・後9時)の制作発表に出席した。

【写真】インタビューに応える武井咲

 松本清張の原作で、1億8000万円もの大金を横領した女子銀行員が銀座のママにのし上がっていく物語。白い着物姿で現れた武井は「腹をくくって取り組んでます」と初の悪女役に気合十分。劇中では「お勉強させていただきます」を決めゼリフに、伊東四朗(80)らベテラン勢に一歩も引かない態度で挑む。「こんなに気持ちのいい役は初めて。目上の方々にこんなこと言うのって…と思いながら、思いっきりやらせていただいてます」と早くもママの貫禄を見せた。

 この日は伊東と江口洋介(49)にカクテル(ノンアルコール)を艶(あで)やかに振る舞ったが、江口は「(銀座の相場といわれる1杯)3000円だと高いかな」と苦笑い。後方で見ていた高嶋政伸(50)は「僕なら50万円払う」と笑わせた。

最終更新:7/11(火) 7:41
スポーツ報知