ここから本文です

「売り切れるぞ」市長も絶賛 豊見城マンゴー使ったパン

7/11(火) 13:54配信

琉球新報

 【豊見城】豊見城産マンゴーを使用したパン「アゴマゴちゃんのマンゴーホイップメロン」(税抜き130円)が11日から販売され。2013年から期間限定発売しているもので、今年で5回目。「マンゴーホイップメロン」より優しい風味の「アゴマゴちゃんのマンゴーヨーグルト蒸しパン」(税抜き120円)も同日から限定販売する。製造、販売はオキコ(西原町、銘苅敏明社長)。
 11日に豊見城市役所内で開かれた記者会見で、試食した宜保晴毅市長は「とてもおいしい。すぐ売り切れてしまいそうだ」と絶賛した。
 パンは県内各量販店とコンビニエンスストアなどで11日から9月上旬まで販売予定。「マンゴーホイップメロン」は約6万個、「マンゴーヨーグルト蒸しパン」は約2万個をそれぞれ売り上げ目標としている。
 「マンゴーホイップメロン」は、マンゴージャムをホイップクリームと混ぜてパン生地で包み込んだもの。「マンゴーヨーグルト蒸しパン」はまろやかな味わいが特徴。二つとも冷やしてもおいしく味わえる。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:7/11(火) 13:54
琉球新報