ここから本文です

強力サトノ軍団に新星! 1歳馬セール歴代2位の2億7000万円で落札

7/11(火) 6:28配信

デイリースポーツ

 2日間にわたって開催される「セレクトセール2017」が10日、北海道苫小牧のノーザンホースパークで開幕した。初日の1歳馬セリでは242頭が上場され、最高価格は「リッスン16」の1歳馬セール歴代2位となる2億7000万円。“サトノ”の冠名で知られる里見治氏が落札した。なお、1億円を超えた馬は15頭、売り上げは86億3450万円で過去最高を更新した(※価格は全て税抜き)。

 今、最も勢いに乗るオーナーが、見事に未来のスターホース候補を手に入れた。セリの中盤に登場したのは全姉にローズS勝ち馬のタッチングスピーチを持つ「リッスン16」。1億円からスタートすしたセリは次々と活発な声が飛び交い、すぐさま2億円の大台へ。競り人が促すたびにさらに値を上げ、ついに初日の最高価格となる2億7000万円でハンマーが下ろされた。

 場内から自然とわき起こる拍手を心地良く浴びたのは、“サトノ”の冠号でおなじみの里見治氏。「どうしても日本ダービーが獲りたいからね。種牡馬になるくらい活躍してほしい」と2年後の大舞台で躍動する姿を思い描いた。

 オーナーは昨秋の菊花賞をサトノダイヤモンドで制したのを皮切りに、香港ヴァーズのサトノクラウン、朝日杯FSのサトノアレス、有馬記念のサトノダイヤモンドと16年はG1を4勝。今年も安田記念をサトノアラジン、宝塚記念をサトノクラウンが勝つなど、“サトノ旋風”は止まらない。「昨年のセールの時点ではG1を1つも勝ってなかったけど、その後勝たせてもらって。これまで背伸びして頑張った分かなと」と振り返った。

 入厩先はサトノダイヤモンドと同じ池江厩舎を予定。池江師は「この値段に見合うだけの馬だと思う」と絶賛。今後もサトノの冠名から目が離せない。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ