ここから本文です

乾、関空から欧州出発 古巣C大阪首位に刺激「自分のプラスになる」

7/11(火) 7:00配信

サンケイスポーツ

 サッカー日本代表のFW乾貴士(29)=エイバル=が10日、渡欧前に関西空港で取材に応じ、Jリーグで首位に立つ古巣C大阪の快進撃に刺激を受けて、代表定着を目指す考えを明かした。

 「1カ月間リラックスもできたし、トレーニングもしっかりできた」

 6月13日のアジア最終予選・イラク戦後はC大阪の練習施設で汗を流した。現在首位を走る古巣に「すごくうれしい。そういうチームで刺激をもらって練習できたというのは自分のプラスになる」とパワーをもらった様子だった。

 2ゴールを決めた5月のバルセロナ戦で痛めた右足首にはまだ不安があるというが「できないことはない。数字の目標は決めていないが、試合に多く出たいし、1点でも多くとれるようにしたい」と昨季(3得点)以上のゴール量産を目標に掲げた。勝てばW杯出場が決まる8月31日の豪州戦(さいたま)につなげるためにも、チームで活躍することを誓った。