ここから本文です

BLUE EVER BLUE、ダイナミック2基+HDSSのハイレゾイヤフォン「Model 2000EX」

7/11(火) 10:00配信

Impress Watch

 シースピリッツは、ダイナミック型ドライバを2基搭載し、リケーブルに対応した米BLUE EVER BLUEのハイレゾイヤフォン「Model 2000EX」を7月21日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は17,700円前後。カラーはブルー、レッド、ブラックの3色。7月15日、16日に秋葉原で開催される「ポタフェス2017」で試聴できる。

【この記事に関する別の画像を見る】

 7mm径と9mm径の計2基のダイナミック型ドライバを搭載。従来のドライバ1基の製品と比べて「より広い周波数レンジで安定した再⽣」と、「繊細ながらも奥⾏きのある⾳」を実現するという。正確な振動板の動作により、自然な音の広がりを可能にするBLUE EVER BLUEの特許技術「HDSS(High Definition Sound Standard)」も採用し、ETL(Embedded Transmission Line)モジュールを2つ搭載する。

 再生周波数帯域は5Hz~40kHzで、ハイレゾ再生に対応。特に⾼⾳域の⾳は「柔らかなチューニングを施していた従来モデルと比べて美しく刺激的な作り」で、「⾼精度ドライバとHDSSにより、⾼い解像度ながら⽿に刺さらず、⻑時間利用しても聴き疲れしない」という。なお、「BLUE EVER BLUE JAPAN は⽇本オーディオ協会に⾮加盟のためハイレゾロゴは使⽤できず、周波数帯域表⽰によってハイレゾ対応であることを表明する」としている。感度は110dB、最大入力は10mW。インピーダンスは16Ω。

 ケーブルは着脱可能でコネクタ形状は「複数の新興米国ブランドで採用実績のある形状」を採用。機械的信頼性が高く故障しにくいという。ケーブルの長さは1.2mで、入力プラグはセミL型。

 イヤフォンの筐体素材はセミシースルーのポリカーボネートで、軽量かつ内部構造も見えるデザインとした。特にブルーは「市販されているイヤホンの中で最も美しいブルーのひとつと⾃負している」という。イヤーピースは、自社製S/M/Lサイズとダブルフランジ形状、SpinFitのS/M/Lサイズを同梱。イヤーフックやキャリーケース、航空機用アダプタも付属する。

 なお、同社はこれまで「Model 2000」を開発中とアナウンスしてきたが、「BLUE EVER BLUEでは初となる幾つかの要素を取り入れる」ことや「妥協のない製品作りを行ない、より高い価値を提供したい」との理由で開発が長期化したことを説明。並行して開発していた異なるチューニングバージョンである「Model 2000EX」に集約して発売するという。

AV Watch,庄司亮一

最終更新:7/11(火) 10:00
Impress Watch