ここから本文です

【茨城】水戸一「納豆の日」に5時間3分粘り勝ち…有数県立進学校「打倒私立」成就

7/11(火) 7:03配信

スポーツ報知

◆全国高校野球選手権茨城大会 ▽1回戦 水戸一9―8鹿島学園=延長12回=(10日・水戸市民球場)

 勝利の女神は優柔不断だ。勝者と敗者を決めるまで、5時間3分も要した。8―8の延長12回無死満塁。水戸一・岡田隆佑(2年)がフルカウントから押し出し四球を選ぶ。強敵の鹿島学園を下し、サヨナラだ。午前9時59分開始、午後3時2分終了。夏の茨城で最長だった82年4回戦、高萩・小瀬戦(延長17回)の4時間28分を35分も超える大会新記録。ナインは疲れも見せず、大声で校歌を歌った。

 「ウチは練習で1日に5試合でも6試合でもやる。みんな『屁(へ)でもない』と思っていますよ」。開口一番、竹内達郎監督(43)が語気を強めた。4回に2点差を逆転。9回に再び3点ビハインドとされたが、その裏に追いつき延長へ。両校球数は計437。暑さもあり、16四死球の相手投手陣を粘り強く攻略。20残塁ながら金星を奪った。

 スポーツ推薦のない県立進学校。一昨年は明秀学園日立、昨年は霞ケ浦と夏は強豪私学に善戦も敗れた。新チーム結成後は仙台育英、花巻東、慶応など難敵に練習試合を挑み、苦手意識を払拭。エース飛田怜央奈(3年)は「ボコボコにされましたが、何とかなると開き直れた」と成果を強調。「打倒私立」の執念が実った。粘りに粘った5時間3分。くしくもこの7月10日は、水戸の名産「納豆の日」だった。(加藤 弘士)

最終更新:7/12(水) 1:03
スポーツ報知