ここから本文です

ビットコイン取引所の元CEO、起訴内容否認 資金消失

7/11(火) 11:50配信

朝日新聞デジタル

 仮想通貨ビットコインの世界最大の取引所だった「マウント・ゴックス」(東京)から巨額の資金が消失したとされる事件で、業務上横領などの罪に問われた同社の元最高経営責任者(CEO)マルク・カルプレス被告(32)の初公判が11日、東京地裁であった。被告は「私はいずれについても神に誓って無実であります」と起訴内容を否認した。

 一方で被告は「破綻(はたん)により多くの顧客に多大なご迷惑をおかけしたことを、責任者として心からおわび申し上げます」と謝罪した。

 同社は一時、コイン取引量で世界の7割超を占め、110万以上の口座が登録されていた。コインと現金の交換もしていたが、2014年に突然サービスを停止して経営破綻。被告は当時、その理由をサイバー攻撃で客のコインや現金を盗まれた結果と訴えていた。

朝日新聞社