ここから本文です

モロッコに電動パワーステアリングの生産拠点を設立、2020年に生産開始

7/11(火) 7:10配信

MONOist

 ジェイテクトは2017年6月28日、モロッコのタンジェ州に同社初の生産拠点「JTEKT AUTOMOTIVE MOROCCO S.A.S.(JAMO)」を設立すると発表した。

 約31億円を投じる新工場は、敷地面積約6万5000m2、建屋面積は約1万1000m2。竣工は2019年2月を予定しており、2020年中頃の生産開始を目指す。

 同社はJAMOを電動パワーステアリングの生産拠点とし、自動車部品の需要増が見込まれるモロッコで、各自動車メーカーのニーズに迅速かつ的確に対応できる体制を整える。生産開始時点の社員数は約60人、生産能力は年間約23万台になる予定だ。

 同社では、これまで日本をはじめ世界各地で培ってきた電動パワーステアリングの技術や生産ノウハウを生かし、高品質の製品を安定生産する。これにより、北アフリカ地域を中心とした自動車産業の発展に貢献していく。

最終更新:7/11(火) 7:10
MONOist