ここから本文です

「黒革の手帖」で悪女役 “武井咲ママ”にお客はつくのか?

7/11(火) 15:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 10日、都内でドラマ「黒革の手帖」(テレビ朝日系木曜21時~)制作発表記者会見が行われた。主演の武井咲(23)は白い着物で登壇、松本清張作品の中でも希代の悪女といわれる“元子”役だが、「こんなに気持ちの良い役は初めて」と初の悪役を楽しんでいる様子。

 事務所の先輩・米倉涼子(41)が同作を演じたのは2004年のこと。当時まだ小学生だったという武井は、今回、役づくりのために銀座のクラブにも行ったという。

 共演者の真矢ミキ(53)も「(宝塚の男役時代みたいに)もう一度男装して店に行ってみたい」と“武井ママ”に太鼓判。さて、お店は繁盛するか、初回放送の20日が楽しみである。