ここから本文です

トランプ氏長男、議会証言も=米大統領選前のロシア接触で

7/11(火) 8:45配信

時事通信

 【ワシントン時事】トランプ米大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏が昨年の大統領選前、ロシア政府と関係が深い女性弁護士と面会していた問題で、ジュニア氏は10日、ロシアによる米大統領選介入疑惑を調べている上院情報特別委員会に証人として出席を求められた場合、応じる考えを示した。

 
 ジュニア氏は同日、弁護士との面会について、ツイッターに「(大統領選の)対立候補に関する情報を聞くためだったが、らちが明かなかった」と投稿。民主党候補だったクリントン元国務長官に打撃を与える情報を提供すると持ちかけられ、面会を決めたという報道を認めた。

 昨年6月の面会には、トランプ氏の娘婿であるクシュナー氏(現大統領上級顧問)、当時選対本部議長だったマナフォート氏も同席。トランプ陣営が選挙に勝つため、ロシアとの協力もいとわなかったのではないかという疑惑の核心に関係するとの指摘も出ている。

 これに関連して、サンダース大統領副報道官は10日の記者会見で「(ジュニア氏は弁護士と)ほんの短時間会っただけで、その後に接触することは全くなかった」と述べ、問題視されることはないと強調した。 

最終更新:7/11(火) 8:49
時事通信