ここから本文です

米公文書基金が俳優トム・ハンクスに賞、米国の歴史認知に貢献

7/11(火) 10:41配信

ロイター

[10日 ロイター] - 米国の歴史を題材にした多くの映画に出演した米俳優トム・ハンクス氏(61)が、ナショナル・アーカイブス基金から今年の「レコード・オブ・アチーブメント」賞を贈られることが明らかになった。

この賞は、仕事や作品を通じて米国の歴史を広く認知させた個人に贈られるもので、10月21日に米国公文書博物館で授賞式が行われる。

ハンクス氏は、第二次世界大戦を描いた「プライベート・ライアン」、アポロ13号爆発事故の実話に基づく「アポロ13」、冷戦期の捕虜交換を題材にした「ブリッジ・オブ・スパイ」など米国の歴史を扱った映画に多く出演している。

過去の受賞者には、映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏や歴史家のロン・チャーナウ氏、映画監督トーマス・カイル氏などがいる。

最終更新:7/11(火) 10:41
ロイター