ここから本文です

【高校野球群馬大会】シード高崎が乱打戦制す

7/11(火) 7:55配信

産経新聞

 第99回全国高校野球選手権県大会は10日、上毛新聞敷島球場、高崎城南球場など3球場で2回戦8試合が行われた。

 この日、シード校8校のうち、前橋東、高崎、常磐の3校が登場。前橋東は終盤に得点を重ね、七回コールドで勝利。一方高崎は乱打戦にもつれ込み、同点で迎えた最終回、1点を奪い逃げ切った。ダブルエースの継投で着実に得点を重ねた常磐も、順当に勝ち上がった。利根実、前橋南、渋川、樹徳、高崎東もそれぞれ3回戦進出を決めた。

◆ 

 【上毛新聞敷島球場】

 ▽2回戦

 高 崎  022 020 041-11

 桐生第一 350 011 000-10

(高)渡辺、北爪、矢島-緒方

(桐)野地、下間、西村-伊藤

 ▽本塁打=大沢(桐)▽三塁打=星野(高)大沢(桐)▽二塁打=緒方、鈴木、星野、飯塚(高)大沢、伊藤、西村(桐)

 群馬高専 000 020 020-4

 利根実  412 000 02×-9

(群)南雲、黒岩-小沢

(利)中林、阿部、井上-福島

 ▽三塁打=生方、石田(利)▽二塁打=金子(利)須田2(群)

 四ツ葉  010 010 030-5

 前橋南  000 003 30×-6

(四)青木、鹿沼、青木-山口

(前)後藤、橋爪-鈴木

 ▽三塁打=井田(前)▽二塁打=阿佐美(前)山口2、野口2、川野(四)

 【高崎城南球場】

 渋川工  000 011 0-2

 前橋東  101 102 4x-9

 (七回コールド)

(渋)福安、永峯-近藤

(前)稲葉、西山-市川

 ▽三塁打=西山(前)▽二塁打=市川、西山(前)

 渋 川  001 010 001-3

 嬬 恋  002 000 000-2

(渋)島-松村

(嬬)黒岩広、佐藤-青木

 ▽三塁打=勝俣(嬬)▽二塁打=柳岡(渋)

 館林商工 103 200 100-7

 樹 徳  402 200 00×-8

(館)木村、阿部-川上

(樹)小寺-中沢

 ▽本塁打=吉田、島田、山田(樹)▽二塁打=中沢、山田、小磯(樹)、関根、青柳(館)

 【桐生球場】

 中央中等 000 000 101-2

 常 磐  100 110 10×-4

(中)谷山-保坂

(常)仙波、山上、仙波-小沢

 ▽三塁打=水沼2(常)▽二塁打=小沢(常)村上大、渡辺(中)

 興 陽  101 010 100-4

 高崎東  130 100 20×-7

(興)加藤佑-尾形

(高)下村-和仁

 ▽三塁打=広神(高)瀬古(興)▽二塁打=広神、中山(高)瀬古、加藤佑2(興)

                   ◇

 ■中学から6年“戦友”に感謝 四ツ葉、猛攻及ばず

 4点のビハインドで迎えた八回、四ツ葉の6番センター、野口は決死の思いで中前打を放ったが、最後はわずかに及ばなかった。4打数3安打-。試合に勝っていれば、間違いなくヒーローだった。

 共に戦った4人の3年生とは、中学野球部からの付き合い。「結束はどこよりも固い」と断言する。暑さと疲れで足がつり、救護班も駆けつけたが「どうしても最後まで」とグランドに立ち続けた。終盤に連打を浴び、結果は初戦敗退。それでも、涙を浮かべチームメートに感謝の言葉を口にした。「6年間一緒に戦ってくれて、ありがとう」

                   ◇

 ■2安打活躍も短すぎた夏 桐生第一・鏑木風雅選手

 主将で4番、ポジションはショート。強烈な打撃と軽快な守備でチームを率いてきた。両軍合わせて長短打25本が飛び出す乱打戦、鏑木は3打数2安打と申し分なく活躍。しかし、エース不在のチームはもろかった。六回までに10点を奪いながら終盤に逆転され、力尽きた。

 ずば抜けた打撃センスを買われ、中3で15歳以下の日本代表に。全国レベルのスラッガーは引く手あまただったが、地元・桐生第一の門をたたいた。「桐生の人が中学時代から応援してくれた。甲子園で恩返しがしたい」。入部と同時にレギュラー入りし、夏の県大会にも出場。準優勝を飾った。昨年春にはセンバツも経験した。

 今春の県大会後に主将となり、掲げた目標は「1日千本以上振る」。レギュラー陣と日が暮れるまで居残り練習をした。

 努力は数字に表れた。この日、桐生第一は12安打を放った。しかし、徹底的に打ちのめされた投手陣は6四死球13被安打11失点。エース・速水は試合直前に故障していた。福田監督は「鏑木は最後まで強い気持ちでチームを支えた。無駄な四死球さえなければ…」と後悔をにじませる。

 「1つでも勝たせてあげたかった。少しでも長い夏を…」。試合後、主砲はチームメートを見つめてつぶやいた。たった2時間35分の、短すぎる夏だった。 (住谷早紀)

最終更新:7/11(火) 7:55
産経新聞