ここから本文です

2.5インチSSDをそのまま装着できるPCIe変換カードが久々に登場、Macに対応

7/11(火) 11:05配信

Impress Watch

 2.5インチSATA-SSDをそのまま装着して、PCIeスロットに接続できるようにする変換アダプタが久々に登場、米OWC(Other World Computing)の「Mercury Accelsior S」が秋葉館で販売中だ。

【この記事に関する別の画像を見る】

 店頭価格は税込8,964円。

■2.5インチSATA-SSDをPCIeスロットに装着するための変換カード

 Mercury Accelsior Sは、2.5インチSATA-SSDをマザーボードのPCIeスロットに接続するためのインターフェイス変換カード。基板上にSATAコネクタが用意されており、2.5インチSSDをそのまま装着できるようになっている。なお、装着時はカードとSSDをネジで留める必要がある。

 接続インターフェイスはPCIe x2(2.0)で、転送速度は搭載するSSDに依存するが、最大でリード550MB/s、ライト530MB/sまで対応するという。

 カードのサイズはフルハイト/ハーフレングスで、搭載する変換ブリッジはASMedia ASM1062。

 対応OSはMac OS X 10.6以降、またはWindows Vista以降。同店によると、「Mac環境では搭載したSSDをブートドライブに設定できるが、Windows環境で設定できるかは不明」とのこと。

[撮影協力:秋葉館]

AKIBA PC Hotline!,AKIBA PC Hotline!編集部

最終更新:7/11(火) 11:05
Impress Watch