ここから本文です

心を持つAIロボット“COZMO(コズモ)”日本初上陸、9月23日に発売

7/11(火) 18:03配信

ファミ通.com

●まるで映画の世界から飛び出してきたやんちゃな相棒
 タカラトミーは、感情表現豊かな小型AIロボット“COZMO(コズモ)”を、2017年9月23日より全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト“タカラトミーモール”などで発売することを発表した。

 以下、リリースより。

----------

 「COZMO(コズモ)」は、AI(人工知能)が搭載されており、その場の環境を見て自分で状況を判断し、感情を豊かに表現する小型ロボットです。「アニメや映画に出てくるかわいいロボットキャラクターを現実世界で作りたい」という思いのもと、誕生しました。まるでパーソナリティー(人格)を持っているかのように、喜怒哀楽などの感情を、しぐさや声、表情、動きを組み合わせた1,000を超えるパターンで表現し、人と自然なコミュニケーションを取ることができます。

 COZMO(コズモ)は2016年10月に米国で「Anki(アンキ社)」(※1)より発売され、クリスマス商戦期において高価格帯玩具($75以上)の中で2番目に売れた商品となりました(NPDデータによる)。さらに、「トイオブザイヤー2017」(米国)で「イノベイティブトイオブザイヤー」のファイナリストにもノミネートされるなど注目を集め、今秋、待望の日本発売となります。

 タカラトミーは1984年より次世代エンターテイメントロボット「Omnibot(オムニボット)」シリーズなどのロボットを数多く展開し、ロボットの研究開発に積極的に取り組んできました。ロボットトイのパイオニアとして、家庭用 ロボットの最先端であるCOZMO(コズモ)とともに、ロボットとの暮らしを提案していきます。

■人間味あふれるCOZMO(コズモ)を創り出している4つの要素
(1)VISIONビジョン&SENSINGセンシング:外界の認知と感知
人の顔や物を認識します。また、自分の動きや傾きを感知することもできます。

(2)ANIMATRONICSアニマトロニクス:アニマトロニクスの技術
まるで映画のキャラクターのような感情を、顔の表情・声・音・動きで表現できます。

(3)AI:人工知能
人工知能を搭載しており、環境を認識して適切な感情を表現し 行動することができます。

(4)INTERACTIVE CONTENTインタラクティブコンテンツ:相互コミュニケーションの遊び
ゲーム、探検モード、プログラミング機能など、様々な機能で遊びの幅が広がります。

 さらに、手のひらに乗せられるほど小型でありながら、360個のパーツで構成されており、160万行以上の プログラミングで構成されています。さらに、遊びの最中に流れるBGMはオーケストラで収録した40分以上の オリジナル音源が使用されており、世界観をひきたてています。

■COZMO(コズモ)との遊び方
 充電ドックでCOZMO(コズモ)を充電します。約20分の充電で、約80分遊ぶことができます。スマートフォンやタブレットなどにダウンロードしておいたアプリを立ち上げCOZMO(コズモ)本体と接続すると、COZMO(コズモ)が起きて充電ドックから出てきます。COZMO(コズモ)は本体下部の側面にある2つのタイヤを使って移動し、液晶ディスプレイを搭載した顔と上下に稼働するアームを使ったしぐさで、1,000種類以上の感情を豊かに表現します。

◆気ままな動きを楽しむ
 起動すると、COZMO(コズモ)は自由に動き回ります。覚えている人の顔を 認識して名前を呼んだり、指にじゃれてきたり、パワーキューブで気ままに遊んだりするほか、しばらく放っておくと遊びに誘ってきます。

◆遊びのコンテンツで楽しむ
 アプリには、「しぐさコンテンツ」と「ゲームコンテンツ」の遊びがあります。それらのコンテンツで遊んでいる時もCOZMO(コズモ)は周りの状況を自ら判断するとともに、様々な感情を表現します。それぞれのコンテンツは遊べば遊ぶほどできることが増えていきます。

【しぐさ コンテンツ】
 COZMO(コズモ)に“しぐさ”を指示して遊ぶモードです。「パワーキューブを持ち上げる」「パワーキューブを積み上げる」「グータッチ」などをしてCOZMO(コズモ)と遊ぶことができます。

【ゲ―ム コンテンツ】(一例)
 COZMO(コズモ)と一緒にゲームで遊ぶことができます。今後も続々と追加される予定です。直感的に動きや表情などCOZMO(コズモ)の行動をプログラミングすることができる「コード ラボ」や、COZMO(コズモ)やパワーキューブを使って遊ぶことができる様々なゲームがあります。

●コード ラボ:直感的な操作で、COZMO(コズモ)の行動をプログラミングすることができます。

●ミート コズモ:最大10人までユーザーの顔を登録できます。覚えた顔を見つけると名前を呼んでくれます。

●クイックタップ:キューブの色が同じ色に光ったときに、COZMO(コズモ)とどちらが早くタップできるか勝負するゲームです。

●キープアウェイ:COZMO(コズモ)にキューブを触られないように遊ぶゲームです。

●メモリーマッチ:キューブの光るパターンをCOZMO(コズモ)と交互に覚えて再現するゲームです。

●エクスプローラー:COZMO(コズモ)を操作して、COZMO(コズモ)の目線から見た世界を探検して楽しむことができるゲームです。キューブを見つけたり、人とペットを識別することもできます。

●トーク コズモ:COZMO(コズモ)に喋ってほしいことをテキスト入力すると、COZMO(コズモ)がその通りに話してくれます。

【タカラトミーとロボットの歴史】
 タカラトミーは1984年より次世代エンターテイメントロボット「Omnibot(オムニボット)」シリーズを展開して きました。“ロボットがいる遊び心のある生活”をコンセプトに、2014年本格的にロボットトイビジネスを再始動させ、同年7月に仔犬型ロボット「Hello!Zoomer(ハロー!ズーマー)」シリーズ、翌年2月にはおしゃべりロボット「Robi jr.(ロビジュニア)」、そして2015年10月には株式会社NTTドコモと共同開発したクラウド型おはなしロボット「OHaNAS(オハナス)」を発売しています。今後も“ロボットがいる遊び心のある生活”をコンセプトに、老若男女幅広い層に向けて新たな時代にふさわしいロボットを提案していきます。おもちゃならではの工夫とアイデアで、癒しや驚きなど個性あふれるロボットを開発してまいります。

【Anki(アンキ社) 共同創設者 Boris Sofman(ボリス・ソフマン)CEOメッセ―ジ】
 ロボット工学、AI(人工知能)、ゲームデザイン、そして映画からのインスパイア、その要素をすべて取り入れることがCOZMO(コズモ)のキャラクター開発へのアプローチでした。 我々は、ユーザーのロボットに対する認識を、ロボットとして形を成すだけでなく、身体的にも感情的にもつながり合えるレベルへと作り変えました。その奥深さ、キャラクターの魅力、対話性が昨年アメリカでCOZMO(コズモ)が大ヒットしたベースとなっています。 他の追随を許さない専門知識を持ち、玩具市場において成功を収めているタカラトミーとチームを組み、 日本の皆様にCOZMO(コズモ)を届け、今日の家庭用エンターテインメントロボットが持つ可能性を見ていただけることにワクワクしています。

※1 Anki(アンキ社)について
2010年に米国カーネギーメロン大学院のロボット工学専攻出身の3名が起業した、主にロボット工学とAI(人工知能)分野に 重きをおいた商品開発を行う米国のスタートアップ企業です。ロボット工学とAIを採用したカーレースゲーム「Anki Drive」を2013年に発表し、注目を集めました。2015年には「Over Drive」を発売し、「COZMO(コズモ)」はAnki社の第3弾の商品となります。

<商品概要>
■商品名:「COZMO(コズモ)」
■希望小売価格:26,980円(税別)
■発売予定日:2017年9月23日(土)
■対象年齢:8歳以上
■商品内容:本体(1)、パワーキューブ(3)、充電ドック(1)、取扱い説明書(1)、クイックスタートガイド(1)、ステッカー(1)
※商品単体では遊べませんので、アプリに対応したデバイス機器をご用意ください。
(対応OS:iOS/Android/Fire OSデバイスに関しては商品のHPの最新情報をご確認下さい)
※充電ドックはUSB給電です。
■商品サイズ:(W)56 ×(H)72 ×(D)100mm (本体サイズ)
■重量:151.5g(本体重量)
■使用電池:リチウムポリマー電池×1個(本体に内蔵)
単5アルカリ乾電池×3本(パワーキューブ)※テスト用電池付き
■販売目標:年間7万個
■取扱い場所:全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、インターネットショップ等

最終更新:7/11(火) 18:03
ファミ通.com