ここから本文です

<露地スイカ>出荷へ箱詰め急ピッチ 長野・松本

7/11(火) 11:39配信

毎日新聞

 長野県松本市波田で露地栽培されたスイカの出荷が最盛期を迎えている。出荷場には大きいもので重さ10キロにもなるスイカがずらりと並び、品質検査や箱詰めの作業が行われている。波田地区で育てられたスイカは内陸特有の大きな寒暖差の影響で甘みが強く、しっかりとした食感が特徴。9月下旬までに平年並みの約170万玉が出荷される見込みという。

 生産者の田中均さん(61)は「猛暑と言われている今年の夏は栄養たっぷりのスイカを食べて乗り越えて」と話している。【藤井達也】

最終更新:7/11(火) 11:54
毎日新聞