ここから本文です

【ニュースな人】群馬県副知事に就任・荻沢滋さん(51)

7/11(火) 7:55配信

産経新聞

 ■10年・20年後見据え地域作りを

 7日付で副知事に就任した。記者会見では、「現場の課題に対し、地に足の付いた施策で効果が少しでも表れるよう、力を尽くしたい」と意欲を示した。

 荻沢氏は総務省出身。地方勤務は山口、富山などに続き5回目。赴任直前まで消防庁国民保護・防災部防災課長を務め、昨年の熊本地震では、現地に入って被害認定や被災者支援などを行った。

 各地の防災状況を見てきた経験などから、「災害対応の善しあしは、事前にどれだけ準備ができているかどうか」とし、「群馬で何ができるか、考えていきたい」と話す。

 群馬の印象は、「首都圏から距離が近く、雄大な自然や富岡製糸場があり、産業に活力もある。ポテンシャルにあふれている」。

 その上で、人口減少や高齢化など地方共通の課題に、「群馬のポテンシャルを生かし、10年後、20年後も見据えていける地域を作っていくため、少しでも役に立てれば」と語った。

 自身のモットーは、「人の意見を聞き、取り入れること」。休日には、富岡製糸場や稜線(りょうせん)トレイルなどに足を運びたいという。 (久保まりな)

最終更新:7/11(火) 7:55
産経新聞